赤本と青本の違い

赤本や青本って何ですか?

「赤本」や「青本」とは何ですか?

 

赤本&青本 買取キャンペーンのご案内

 

「赤本」も「青本」も、どちらも大学入試の過去問題集です。

 

「教学社」から出版されている過去問題集が「赤本」で

 

駿台予備校の出版社「駿台文庫」が発行している過去問題集が

 

「青本」と呼ばれています。

 

 

赤本についての簡単説明

 

 

「赤本」は『教学社』という出版社が出している大学入試の過去問題集で

 

刊行60年の伝統と実績から大学入試過去問の代名詞とされています。

 

(数学社の赤本webサイト : https://akahon.net/)

 

 

「赤本」(の過去問題集)は全都道府県の大学別に出版されているのが特長で

 

その内容は過去数年分から、中には20年以上分もの過去問題が収録されているものも!

 

赤本サムネイル画像

 

また、赤本はセンター試験の過去問題集などにも対応しており

 

新刊は毎年8月前後から順次発売されていますが

 

入試の時期には品切れになることも多いので

 

手持ちの赤本をタイミング良く買取に出してやれば

 

かなりの高額査定が期待できます。

 

 

青本についての簡単説明

 

青本サムネイル画像

 

駿台文庫が出版している「青本」の特長は、難関大学に特化していることと

 

問題集の解説を駿台予備学校の先生が書いているところにあります。

 

 

駿台予備校の教壇に立つ現役バリバリの先生が、過去問題を分析した上で

 

今年の傾向と対策を詳細に解説しているため、受験対策に重宝しますが

 

赤本と比べると値段は若干高めになっています。

 

(駿台文庫 : http://sundaibunko.bookmall.co.jp/)

 

 

「赤本」と「青本」 どちらがおすすめ?

 

 

青本は赤本と違って、日本全国の大学に対応する

 

入試用過去問題集を発行しているわけではないので

 

志望校の青本がなければ、青本を購入するメリットはあまりないでしょう。

 

管理人のコータ

 

志望校の青本がある場合は、青本がオススメと言いたいところですが

 

ケチらずに両方購入して、両方しっかりと活用されることをオススメします。

 

数をこなせばこなすほど、志望校への合格率も高まります。

 

 

合格後はタイミングを見計らって、参考書買取の専門店で売却すれば

 

けっこうな高額で買取してくれますので

 

赤本と青本の両方を購入した投資金額も回収することができますよ!

 

 

 

参考書・赤本・青本 宅配買取店おすすめランキングBEST8

 

参考書・赤本・問題集・予備校テキスト買取人気店BEST8は各ショップバナーから↓↓↓

『学参プラザ』の参考書・赤本・問題集・予備校テキスト高価買取サービスのご紹介
学参プラザ

『専門書アカデミー』の参考書・赤本・問題集・予備校テキスト高価買取サービスのご紹介
専門書アカデミー

『学参ブックス』の参考書・赤本・問題集・予備校テキスト高価買取サービスのご紹介
学参ブックス

『バリューブックス』の参考書・赤本・問題集・予備校テキスト買取サービスのご紹介
バリューブックス

『ブックマニア』の参考書・赤本・問題集・予備校テキスト買取サービスのご紹介
ブックマニア

『専門書買取ネット』の参考書・赤本・問題集・予備校テキスト買取サービスのご紹介
専門書買取ネット

『LKSTORE(LKストア)』の参考書・赤本・問題集・予備校テキスト買取サービスのご紹介
LKSTORE

『eあきんど』の参考書・赤本・問題集・予備校テキスト高価買取サービスのご紹介
eあきんど

 

 

 

 

page top